お客様も従業員も、おもろい場所に集まる

どもっ!商売力養成コンサルタントの福谷です。

 

「おもろいなぁ~」

 

こう感じる物事は、受け取る人によって様々です。

腹筋が痛くなるくらい笑える話、偶然が偶然を呼んだ奇跡の写真、どんでん返しのミステリー、ビックリするくらいよく出来たオモチャ、外野からは理解できない阿吽の呼吸で動く人達、あったかくて何となく微笑ましい人とのつながり、今まで知らなかった新しい世界、突拍子もない子供の行動、やりがい、絶景、友情、愛情、不思議な縁、居心地の良さ、趣味、ドキドキ、ワクワク、ハラハラ、ほんわか、刺激、爽快、愉快、痛快、充実感、達成感。

キリが無いんでもうこれ以上書きませんが(笑)最終的に「おもろい」という感想に行き着く物事は、このような幅広い状況で起こりますよね。

腹を抱えて爆笑する事や友達同士の悪ふざけなどは、「おもろい」と感じる中の、ほんの一部でしか無いという事です。

 

 あなたが提供できる、広い意味での「面白い」を棚卸ししてみよう

人はありとあらゆる「おもろいモノ」に魅かれます。

現在ツラい作業を地道に頑張っている人も、その先にある「おもろい状況」が見えているからこそ、ブレずに頑張り続ける事が出来たりします。

あなたのお客様も、あなたと一緒に働く従業員も、それは一人残らず同じ。

あなたが商売を通じてやってる事やあなた自身の立ち居振る舞いに、おもろいと感じるから興味を魅かれるし、それに参加したくなるわけです。

 

誰にだって、楽しいモノに関わりたいという欲求、楽しいモノへの帰属意識があります。

得られる結果が同じなら、そこまでのプロセスは、より一層「快」のある「おもろい方」を選びますし、プロセスが同じなら、より一層結果に「快」が得られる「おもろい方」を選ぼうとします。

お客様や従業員も、あなたが用意した商売環境に、彼らにとっての「快」があるからこそ、あなたとの関係が良好に継続します。

お客様が「快」を得られないと自覚した売り場に、わざわざ足を運ぶ事はありませんよね。

従業員が「快」を得られないと自覚した職場で、働き続けようとは思わないでしょう。

あなたが、お客様や従業員に囲まれた「人の集まる場所」を作りたいのなら、そこにはいろんな意味での「快」要素、快感・快楽が必要だという事です。

 

「おもろいの切れ目が縁の切れ目」という中国の古いことわざがあり、もちろんそれは私の捏造なんですが(笑)ありとあらゆる意味での「おもろい」が人を集わせ、人と人とを繋ぎ続けるという事、そしてそれが商売というコミュニティを成立させる極めて重要な要素であるという事は間違いありません。

あなたのお客様や従業員が、ありとあらゆる広い意味で「おもろい」と感じる環境を提供しましょう。

 

 

◆「集客とお客様のリピーター化」「売り続ける仕組み作り」「従業員の育成・教育」「ビジョンとミッションの共有・浸透」「独立開業・新店舗オープン」に関するご相談、社内研修・セミナー、コンサルティングのご依頼はコチラからお気軽にお問い合わせください。