どもっ!商売力養成コンサルタントの福谷です。

 

お客様の悩み、不安や不満を解決する事、商売においてはそれが商品選びや広告宣伝でのアプローチにおいて重視されています。

商品力だけをお客様にアピールするパワーロスを知ろう

商品を軸に商売を考えた場合、お客様の不安や不満を解決するという視点は「商売の原点」とも言えるくらい重要なんですが、お客様とのコミュニティを作り、その関係を永続させるという長期のお付き合いを視野にいれた場合、商品力だけに頼るのには限界があります。

限界があるというより、お客様が「ふるいに掛かり過ぎる」と言ったほうがいいかもしれません。

 

「商品は素晴らしい」「悩みや不安・不満を解決してくれる」確かにこの為にお客様はお金を払って下さいます。

しかし例えば「愛想や雰囲気は悪いけど、扱ってるモノは良い」という印象をあなたが得ていた場合、あなたの目の前には愛想の悪さを我慢してでも商品を欲しいと思っている人が残っているだけで、愛想の悪さに耐えられない人は既に去ってしまっている可能性があります。

これってもったいない話ですよね。

商品品質が魅力的なのはもちろん大事なんですが、その商品を取り巻く環境にも魅力が備わっている方が、より多くのお客様を集める事は間違いありません。

なんとかカントカ「だけど」商品「は」良い、よりも、なんとかカントカ「の上に」商品「も」良い、の方が単純にお客様は嬉しいし快適なわけです。

どんな商品にも付加できる、売り手の「思いやり」と「サービス精神」という武器

お客様を引き付け、あなたが扱う商品を、より一層魅力的に感じさせる要素、それはお客様があなたと接触する際に感じる「喜楽」です。

喜怒哀楽という感情の中の「イイ感じ」のモノふたつ(笑)それが「喜楽」

 

喜楽、多少荒い言い方をすれば、それはあなたの「やさしさ」と「オモロさ」から作られます。

これは別に、半分がやさしさで出来ているというバファリンの宣伝ではなく、「ワッハッハ、こら傑作や」という笑いのハードルを商売に設けようという提案でもありません(笑)

「やさしさ」と「オモロさ」とは「思いやり」と「サービス精神」という事です。

 

商品が「物」であろうが「人的サービス」であろうが、商品を取り巻く購入環境全てを含めて商売を考えると、商売はひとつ残らず「サービス業」だと言えます。

お・も・て・な・・・言わんけどね、流行語大賞なんて(笑)けど「おもてなし」なんですよ、思いやりとサービス精神って。

お客様に何をして差し上げる事が出来るかという事なんです。

あなたが感じるワクワクは、お客様にもきっと伝わる

お客様の不安や不満を解決するという視点が「商売の原点」だとしたら、お客様にどんなサービスをして差し上げる事が出来るかという視点は「おもてなし発想の原点」だと思います。

 

お客様を面白がらせよう楽しませようワクワクさせよう、それよりもまず自分達が面白がってそれをお客様に伝えよう、取っ掛かりやスタート位置は、それぞれあっていいと思いますし、それは個性の範疇だと思います。

最終的にお客様がワクワクしている姿をイメージして、売り手がワクワクしながらあれこれ考える、言い方ややこしいですが(笑)このスタンスが商品とお客様を取り巻く環境を作る為に必要な、柔軟な発想の源になるんです。

 

出来そうもないような、一見突飛なアイディアが浮かんでしまっても、それが実現したと想像した時のあなたのワクワクが止まらないのなら、何とか実現する為にあれこれ策を練る事でしょう。

ボツネタ同士が合わさって、別の新しい何かが生まれる事もあるでしょう。

あなたがオモロいと感じる事はきっと他の誰かもオモロいと感じるでしょうし、何よりお客様がワクワクすると思える事を考える習慣を職場に作る事こそが、おもてなしの風土を職場に作る事につながるわけです。

お客様が五感で感じる目に見えないものを、あなたのお店の付加価値にしよう

世間や業界、時にはあなた自身の理屈や慣例に囚われ、大人ぶってバカバカしい事を考えないで済まそうとする日常が、元々は柔軟だったはずのあなたのクリエイティビティを腐らせてるのかもしれません。

立位体前屈マイナス20センチの私が言うのもなんですが(笑)頭も身体も、たいていの場合、柔らかい方が強い。

商品そのもののように目に見えるモノより、店の雰囲気や従業員がかもし出すムードや繰り出す会話、商品を取り巻く環境のように目に見えないモノの方が、お客様に与える印象は強いんです。

 

商品が良い、そんなの今の時代当たり前です。

それ以外の、目に見えないものを大事にしましょう。

お客様は五感をフル稼働させ、感性で買い物を行うんですから。