どもっ!商売力養成コンサルタントの福谷です。

あなたが商売を始めようとする、ひとりじゃ出来ないと気付く、人を雇う。

何万人規模の大企業社長だって小さな喫茶店のオーナーだって、人を雇う理由は「自分ひとりでは出来ない」からです。

あなたが考えたビジネスプランや想いをあなたと一緒に、またはあなたの代わりに、あなたと同じように考え行動してくれる「同志」が欲しいから誰かを雇っているはずです。

自分が興した商売なので、あなたには当然その仕事へのこだわりがある、仕事についてのポリシーもあればビジョンもあるでしょう。

正社員やアルバイトという位置付けを問わず、自分以外の誰かと一緒にそのビジョンを実現する為には、あなたの考えている事や大事にしているポリシーの、出来る限りをパートナーに「移植」する必要があります。

では、どうすれば移植できるのでしょうか?

・相応のお金を払う

・常日頃から言葉で伝える

・一緒に行動して目で見せる

・伝わる仕組みを考え、社内のルールにする

考えれば色々と方法は出てくると思いますが、どれを選ぶにしてもその前提として、実践して見せなければならない事が一つだけあります。

それは「あなたの姿勢」です。

あなたが仕事に取り組む姿勢、あなたが従業員に接する姿勢、あなたが夢やお客様についてを語る姿勢、吐いた言葉を自ら実践する一貫したあなたの姿勢が伝わるからこそ、あなたが望むビジョンに人は共感し参加するんです。

本来なら、あなたが考えた仕事のビジョンもルールも、あなた以外の人間には何の関係も興味も無いものですよね。

あなたがどんなお店や会社を目指し、お客様とどんな関係性を築くのかなんて、あなた以外の人間には知ったこっちゃありません。

あなたが結果的に年収ウン千万になって、馬のエンブレムがついたイタリアの車に乗りたいなんて野望に至っては(笑)誰も興味ないわけです

楽しい仕事をしたい、生活の為にお金が欲しい、充実した毎日を送りたい、極めて個人的な動機であなたの従業員は労働を決意しますので、勤務初日からあなたのビジョンに惚れ込む従業員なんて、実際にはほとんどいないはずです。

いろんな思惑をもって入ってきた従業員が、仕事を通じていろんな物事に対するあなたの姿勢を目で見て肌で感じる事で、それに感化されて徐々にあなたと同じ気持ちになっていく、というだけの事なんです。

あなたの考え方や、それを証明する行動力、その二つが合わさった「人間力」が、全ての従業員のモチベーションを決定します。

あなたがお客様と従業員を大事にする行動をとれば、従業員はお客様とあなたを大事にする行動をとるし、あなたがブレれまくりの行動をとれば、同じように従業員はブレる行動とるでしょう。

あなたの立ち居振る舞いが、従業員の育つ環境を決定すると言ってもいい。

上っ面の「いい言葉」なんて誰でも言えます、お客様を大事にとか社員は宝だとかどこの会社でだって言ってます。

けど、その言葉が従業員の心に響くかどうかの鍵は「その言葉を、どんな行動をしている誰が言ってるのか」というところにあります。

「会社やお店の偉い人が言ってる言葉」だからじゃなく「人としての姿勢が偉い人の言葉」だから、従業員はあなたのビジョンに共感し、あなたとそこで働こうと思う。

あなたの発する言葉や一挙手一投足、要するに「あなたそのもの」が、従業員にとって最大にして最高の行動規範だという事を忘れないようにしましょう。

信頼されてる“上司”の特徴 – NAVER まとめ