楽しそうに商売してる人に、人は集まる

どもっ!商売力養成コンサルタントの福谷です。

 

眉間にしわを寄せた、怖そうな人には近付きたいと思いませんよね。

反対に、穏やかな表情の人を見かけると、ちょっと幸せな気分になります。

楽しそうに笑ってる友達には「何なに?どうしたん?」って、その輪に入りたくなります。

 

 売り手がかもし出す魅力が、買い手をひきつける

人が醸し出すムードは伝染します。

笑ってる人と過ごせばこちらも楽しい気分になりますし、愚痴ばっかり言ってる人と過ごせばこちらもそうなりますよね、良い空気にも悪い空気にも影響を受けてしまいます。

これは私の勝手な憶測で、学術的な裏付けは全くありませんが(笑)他人の感情や発する雰囲気が自分の心に影響を及ぼすという事を、きっと自分の身体は本能的に嗅ぎ分けてるんじゃないかなと思います。

いい影響を及ぼす人には警戒心を解いて近付こうとし、悪い影響を及ぼす人からは遠ざかろうとする防衛本能みたいなものがあるんじゃないかと。

 

 誰と一緒に働きたい? 誰から商品を買いたい?

あなたは、毎日の商売を楽しいと感じていますか?

今日はどんなお客様が来るかなとワクワクしたり、従業員に仕事の指示を出す時に一度はクスッとさせようと狙ったり、翌日の営業準備を終わらせた時に、やり終えた満足感と明日への期待感で満ち足りた気分になっているでしょうか。

楽しそうにしてる人の所に、人は集まりますよね。

ウェルカムムードの場所に、人は居心地の良さを感じます。

そして、そういうムードを作っているのは、売り手である私達商売人です。

私達の一挙手一投足から作られる雰囲気が、お客様を引き付けたり遠ざけたりしているという事。

 

だからといって、あなたが醸し出すムードを客観的にコントロールしようなんて考える必要はありません。

あなた自身が本当に商売を楽しめばいいだけの事です。

何につけ、今やってる事を楽しんでる人は見てわかりますよね。

楽しくて自然と出る笑顔と、笑わなきゃと思って出す作り笑顔、誰だって違いはわかります。

どっちの笑顔で迎えられたほうがウェルカム感があるかなんて、言うまでもない事です。

気持ちいい時間を過ごせる、笑える、楽しめる、ワクワクできる、ドキドキできる、納得できる、感動できる、そういう場所に誰だって行きたいんです。

 

 相手の喜ぶ顔が見たい!という気持ちが「愛され商売」の原点

だからこそ、まずは売り手が商売を楽しみましょう。

楽しそうに、気持ちよく商売している人からの買い物は、買い手にとっても楽しく気持ちいい経験となります。

売り手が買い手を喜ばせる事を楽しんで行なえるようになると、発想もどんどん柔軟になっていきます。

お客様の反応にも自然と敏感になります、だって気になりますもんね。

本心でもないのに売り手が「ようこそ~!」なんて言ってお迎えしてるから、売り手と買い手どちらの目も笑っていない、社交辞令で売り買いしてるようなお店が出来てしまうんです(笑)

 

◆【売れるお店の仕組みと、それを支える従業員が育つ組織を手に入れたい経営者さんへ、   コンサルティング・社内研修のご案内】

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

・販促や集客方法を改善したい
・POPやチラシの効果的な作り方がわからない
・お客様がリピーターとして根付かない
・お店の方向性を見失った、何が「強み」なのかわからない
・従業員の接客スキルを上げたい
・アルバイト、パートでも運用出来るルールを作りたい
・自発的に動く従業員を育てたい
・採用した従業員が続かない、育たない
・従業員が経営ミッションを軸に一丸となって機能する、強いチームを作りたい
・会社全体に、人を介した「売る仕組み」を風土として根付かせたい

もしこれらの悩みを一つでも抱えているのなら、その現象を抑えるリアクションと並行して、再発しない為のアクション、組織の「体質改善」を行う必要があります。

「何を買うか」ではなく「どこで買うか、誰から買うか」でお客様に選ばれる商売をする為に、まず既成概念と聖域を取っ払って、全てのオペレーションを見直してみましょう。

ご相談はコチラから。