どもっ!商売力養成コンサルタントの福谷です。

商売人はモノやサービスを提供してお金を稼いでいますが、稼ぐ為には何だって出来るのかと言えばそのデッドラインは人それぞれです。

「ここまでして売らなアカンのやったら売らん方がマシじゃ!」という一線。

人によってはそれが値下げの割合だったり、指紋が無くなるくらい相手に媚びへつらう事だったりすると思います。

「俺の靴舐めたらソレ買うたるで」と言われて、それを実行しなきゃならない状況なんて尋常じゃないと誰もが思うでしょう。

お客様が買う相手を選ぶ権利を持つのと同じように、あなたには売る相手を選ぶ権利があります。

自分がしたくない売り方をする必要は全くありませんし、売りたくない相手には売る必要が無いわけです。

「ンな事してたら飢え死にするわ」と言う人もいるかもしれません(笑)

生活の為に、本当は売りたくない相手に頭を下げて買ってもらわないといけない状況もあるかもしれません。

しかし、少なくともその瞬間を楽しいだなんてあなたはきっと思っていないはずだし、その生活を一生続けたいとは思っていないはずです。

売って幸せ、買って幸せ、WIN-WINでの商売を誰だってしたいと思いますし、最終的にそうなる為には「ここから先はしない」というルールを、自分の中で明確にしておく事はとても重要です。

ただ、これは高飛車になれ、天狗になれ、傲慢になれ、という事とはだいぶ違った話です。

お客様が同じ製品似たサービスの商品を誰から買うか、選択基準は人それぞれでしょうが、どの基準で選んだとしても、それ以前に存在する間違いの無い基準は「嫌いなヤツから商品は買わない」という事です。

あなたに売りたくないお客様のタイプがあるように、お客様にも買いたくない売り手のタイプがある、日頃消費者でもある売り手のあなたなら実感できると思います。

相手にしたくないお客様は相手にしなくてもいいですし、何もしてあげなくていいです、けどそれ以外のお客様には「あなたの言動や立ち居振る舞い」を含めて、出来る事は全部してあげましょう。

逆に言えば、出来る事を惜しみなく全部してあげようと思える人を、あなたのお客様として選びましょう、という事です。

「他の誰でも無い、あんたから買いたいねん」と言ってくれる人になら、あなたは何だってしてあげたいと思うはず。

ただ「してあげたい」という気持ちでしたアクションがお客様に伝われば、あなたが提供するサービスは、もうそれだけで立派な差別化・独自化がなされた事になるんです。

今日この話を読んで、明日からお客様をガラッと変える事が無理なのは百も承知です。

しかし、こういう行動基準を自分の中に持ってお客様と接し続ける事が、最終的に心からWIN-WINの商売を実感できる事につながるのだと私は思います。

お客様があなたの、あなたがお客様の、どうせ続ける商売ならお互いがお互いのファンになれる商売を目指しましょう。