「知りたい?」
って知りたナイわ!(笑)

毎朝フェイスブックを開くとウォールに「今どんな気持ち?」こう聞かれ、その度に心の中でそっと「ざわざわする、何かザワザワするわ…」ってつぶやくのが日課となっています。

パソコンの問い掛けに返事するようになったら人としてアウトやぞ、と自分に言い聞かせてます。声に出すようになる前に誰か助けて下さい(笑)

どもっ!商売力養成コンサルタントの福谷です。

「今、何してる?」
「今、何考えてる?」

あなたの商品を全く知らない「見込み客ですら無いアカの他人」の状態から、あなたの商品を購入した「お客様」の状態まで、その立場によってあなたが扱う商品に対する認識は変化していきます。

その商品の事を全く知らない

その商品が自分の生活にどう関係するのかが解らない

その商品を選ぶ事が自分にとってベストな判断なのかが解らない

その商品を購入した事が正しかったのか解らない

あなたの商品を知らない人には、まずそれがどういう商品なのか説明しなくてはなりませんし、必要かどうか解らない方にはその商品を購入する事で、お客様の生活がどれくらい好転するのかに気付いて頂かなくてはなりません。

お客様の「今の段階」を知り、必要な情報を与え、次の段階へと進んで頂く、この鍵を握るのはあなたの発信する情報がお客様の段階に対して「適切」かどうかにかかっています。

例えば納豆が嫌いだという自覚がある人に、納豆の美味しさを伝えても買おうという気にはなりません。

だって味や香りが嫌いなんですもん、あんな雑巾みたいな臭いのする食べ物なんて耐えられないって思ってます。

しかし、納豆を毎日食べると血液の中のなんとか値が大きく下がると教えてあげれば、それを気にしている納豆嫌いの中の何割かは、あなたの話を聞こうという気持ちになります。

さらにそこで臭いが気にならない調理法を教えてあげれば、試してみようという人が現れます。

同じ納豆、その中の何を切り口にアピールするかで振り向く人は違ってくるという事です。

あなたの広告宣伝を目にする人は、どの段階のお客様なのかを見直してみましょう。

宣伝は、あなたが言いたい事を言うんじゃなく、お客様が知りたい事を言わないと伝わらない。

お客様との視点や論点がズレたままでは、広告効果は決して上がる事がありません。

というわけで、ズレたら悲惨という例えとしてこのリンクを(笑)

【コーヒー】テレビ番組のネ申テロップ【吹いた】 – NAVER まとめ