どもっ!商売力養成コンサルタントの福谷です。

 

「前売り」という売り方がありますよね。

 

一般販売に先行して、少し価格を落としたり特典をつけて販売する売り方ですが、この販売方法には多くのメリットが存在します。

 

先行販売の宣伝をする事で、一般販売を含めて一つの商品をより長期に渡って宣伝する事が可能

先行販売の宣伝をするという名目で前倒しの宣伝が出来る為、商品が完成する前でも広告宣伝に踏み切る事が可能

先行販売の反応から一般販売の売れ行き予測がしやすい

先行販売の反応を元に一般販売の売り方を修正できる

一般販売の前に手元にキャッシュを持つ事ができる(これが意外と大きい 笑)

先行販売した方から得たお客様の声を一般販売に反映させる事ができる

単純にお客様の期待値が上がる

 

前売りという販売方法と聞いて、まず頭に浮かぶのは映画や演劇の前売り券だと思いますが、あなたが扱う商品でこの形態を採れないか一度考えてみましょう。

前売り券のように代金を割り引く代わりに、商品のお渡しが一般販売と変わらないケースもあれば、先行販売として先に商品をお渡しする事にメリットを与えて金額は変わらない、場合によっては高く設定するケースも考えられます。

早く手に入る、少し安く手に入る、特典が手に入る、お客様にとってもメリットは多いですし、私達商売人には先に挙げたようなメリットがあります。

商品の売り方の一つとして、一度は試してみる価値があるかもしれません。

 

商品の販売方法は決して一つじゃありません。

現金と商品の同時交換が当たり前になってる食料品だって新作スイーツを先行予約で販売する事も出来るでしょうし、新しいエステコースを会員限定で先行販売する事だって可能です。

せっかくお客様の前にお目見えする新商品です、たまにはこんなドラマチックに登場するモノがあったっていいですよね(笑)